あんしん通販薬局のネット通販のご注文はコチラから

性欲がないのは男性ホルモンが低下しているから

性欲がないのは男性ホルモンが低下しているから

男性ホルモンの分泌が低下してくると、性欲が出てこないことはよくあることです。また男性ホルモンも環境多ストレスなどで分泌量が少なくなることがあるので、一時的なものかどうかによってその後の対応が違ってきます。

 

慢性的に男性ホルモンの分泌が少なくなってしまっている人は、日常生活の見直しはもちろん、男性ホルモンを摂取することを検討することで、性欲の回復が見込まれる場合もあります。

 

もちろん高齢になるほど男性ホルモンは低下していくので、性欲減退の原因となる可能性は高いといえます。
しかし、性欲に関して精神面の影響も強く受けるものです。特に若い人の場合には、男性ホルモンの不足によっておこる、精神的な性欲減退傾向が多くみられるようになってきました。

 

自身の男性ホルモン量が気になるようでしたら、血液検査を受けることをおすすめします。男性ホルモンのチェックをすることで、自分自身の体の状態を把握して、自身の性欲が減退している原因を知ることで、その後と治療を進めることができるからです。

 

若しも性欲の減退が男性ホルモンの現象にあるのなら、男性掘るもう補充療法を受けることによって、きちんと性欲は回復してくると思われます。


トップへ戻る